カントクグローバルコーポレーション BLOG

当社は、国内で仕入れた様々な車両を独自のワークフローによって海外のお客様まで確実にお届けしている会社です。陸・海・空を視野にいれたリサイクル事業を展開。日本の優れた中古商用車を各国・各企業の要望に合わせ、整備から分解・梱包・出荷までワンストップサービスを提供。廃車を貴重な「資源・資産」として捉え、資産の最大化をお手伝い致します。

革命を起こす「経営会議術」

こんにちは カントクグローバルコーポレーション 法人営業部です。

日経ビジネス主催 革命を起こす「経営会議術」特別セミナーへ参加させて頂きました。

 

参加する前は、会議の進行ノウハウを教えてもらう内容かなと思っていましたが、奥が深くあっという間に時間が過ぎていきました。

 

内容の一例ですが、 みなさん 会議で意見を求められた時 普段はすぐに返答しますよね。 このセミナーでは、参加者全員が自分の考えを一度紙に書いた上で発表します。 この手法だと先に自分の考えをまとめますので、「思い付きの発言がなくなる・他人の意見に左右されない・簡潔な発言になる」など、結果として時間短縮にも繋がり参加者全員の意見を聞くことも出来る様になるそうです。

 

問題や課題を書き出し、

それらを A …「どのようにすれば ~ だろうか?」のかたちに置き換える。

また、B … 「日本一 や 世界一」などパワフルなワードを使う。

例:「商品が売れていない」

→ A…「どのようにすれば商品が売れるだろうか?」

  B…「どのようにすれば日本一商品が売れるだろうか?」

「会社が面白くない」 

→ A…「どのようにすれば会社が面白くなるだろうか?」

 B…「どのようにすれば世界一面白い会社になるだろうか?」

 

経営者の立場では「できない説明ではなく、解決策を言ってほしい・考えて欲しい」ですよね。

「どのようにすれば ~ だろうか?」と疑問文にすることにより、課題についての対策を自分で考える様になるそうです。言葉のフォーマットを変えただけで視点が変わってきますね。 会議を通じての課題抽出・問題解決・目標設定などを様々な手法を取り入れ、一緒になって取り組み会社を変えていくという内容でした。 本日受講した内容はほんの一部だと思いますが、会議の方法を変更するだけでも会社・チーム・組織は変わると感じた2時間のセミナーでした。

今回、国内外で1000社以上が導入している「すごい会議」で 代表を務められている

川井様が講師をされました。 ご興味のある方は、ホームページをご覧ください。

すごい会議どすえ http://sugoikaigidosue.jp/

 

 

www.kantoku.co.jp