カントクグローバルコーポレーション BLOG

当社は、国内で仕入れた様々な車両を独自のワークフローによって海外のお客様まで確実にお届けしている会社です。陸・海・空を視野にいれたリサイクル事業を展開。日本の優れた中古商用車を各国・各企業の要望に合わせ、整備から分解・梱包・出荷までワンストップサービスを提供。廃車を貴重な「資源・資産」として捉え、資産の最大化をお手伝い致します。

『天然ガストラックの更なる普及に向けて』の講演会に参加いたしました

こんにちは、カントクグローバルコーポレーション法人営業部です。

f:id:kgc-blog:20180126114229j:plain   

関東地方が記録的な大雪に見舞われた翌日、天然ガストラックの普及・促進に向けての講演会&懇親会に参加させていただきました。

国土交通省・環境省からも来賓を迎え、天然ガストラックに関わる100名近くの方々が

「環境・エネルギーに対策に対する天然ガストラックへの期待」

「天然ガス自動車開発の取り組み」や「天然ガストラックの実用性について」などの

講演に耳を傾けました。

 

講演の中で、天然ガス車の現状について話がありました。

みなさん、世界でどの位天然ガス車が普及しているかご存知ですか?

2015年世界の自動車保有台数 12億8,227万台に対し、天然ガス車は2300万台を突破。(EVは126万台)

世界一番普及している国は中国で、なんと! 約500万台、充填箇所は約8,000あるそうです。

 

そして2位はイラン…約400万台、3位はパキスタン…約300万台と続きます。

我が国日本はと言うと、まだまだ普及率が低24位…約4.6万台・充填箇所は273だそうです。

軽油との比較や充填箇所の設置状況など、日本では天然ガス車は頭打ちになっているのが現状です。課題を克服できれば、環境に優しいことは証明されていますので 更なる普及が期待できる分野ではないかと感じました。

 

弊社も皆さまが廃車される商用車を海外へ輸出させていただいている立場として

天然ガス車の普及に向けて「何が貢献できるか」を考えさせられる良い機会となりました。

 

おわりに、ご挨拶が遅くなりましたが本年も宜しくお願いいたします。

 

 

 

www.kantoku.co.jp