カントクグローバルコーポレーション BLOG

当社は、国内で仕入れた様々な車両を独自のワークフローによって海外のお客様まで確実にお届けしている会社です。陸・海・空を視野にいれたリサイクル事業を展開。日本の優れた中古商用車を各国・各企業の要望に合わせ、整備から分解・梱包・出荷までワンストップサービスを提供。廃車を貴重な「資源・資産」として捉え、資産の最大化をお手伝い致します。

ジャパントラックショー2018 『安心・安全を、次のステージへ』

 

 

こんにちは、カントクグローバルコーポレーション法人営業部、営業Sです。

 

私たち法人営業部は、5月10日(木)、パシフィコ横浜にて開催された「ジャパントラックショー2018」に行って参りました。

 

トラック関連業界、日本最大の展示会として、5月10日(木)・11日(金)・12日(土)の3日間にわたって行われた展示会。

3日間の来場者数は約51,000人と大盛況だったようです。

f:id:kgc-blog:20180514091443j:plainf:id:kgc-blog:20180514091326j:plainf:id:kgc-blog:20180514091345j:plainf:id:kgc-blog:20180514091419j:plainf:id:kgc-blog:20180514091514j:plainf:id:kgc-blog:20180514091544j:plain

 

いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックスなどの国内4大トラックメーカーをはじめ、129社434小間のトラック関連メーカーが出展。

トラックや物流の情報や普段間近でみることのできない働くクルマの魅力を体感できるというイベントでした。

 

当社は物流企業様が代替や廃車で不要になったトラックを買取りさせていただき、それらのトラックを、海外へ輸出し再び世界で活躍させております。

その為、普段は古い年式のトラックに携わる機会が多いのですが、今回このトラックショーで「安全・安心」へのトラックメーカーの最先端技術を間近で見て体感し、勉強させていただく良い機会になりました。

 

みなさんは『VR(バーチャル・リアリティ)』を体感したことはありますか?

このトラックショーでは、VRを使って実際にトラックに乗っているような感覚を味わうことができるということで、私たちも体験して参りました。

 

 f:id:kgc-blog:20180514093301j:plainf:id:kgc-blog:20180514093327j:plain

 ↑ ↑ 法人営業部のU氏。

※注:決して寝ているわけではありません・・・・

 

新しい技術を取り入れ、どんどん進化していくトラック。

私たち法人営業部も、新しい知識を吸収し、国内仕入のお取引先様をはじめ、海外の販売先様への情報提供に役立てていければと思います。

 

www.kantoku.co.jp